まぬけのこあし

まぬけのこあし

旅が大好き、食べることも大好き!2017JGC修行 ときどき空マイラー&陸マイラー

まぬけのこあし


2018年4月バンコク滞在記【タイの水かけ祭りソンクラーンについて】

スポンサーリンク

タイ ソンクラーン


 
こんにちは、あかべこです。
ひさしぶりにブログを再開してから、なんだかやる気が出てきました(笑)

今回は、マリオットプラチナチャレンジから外れて、毎年4月にあるタイのお祭りであるソンクラーンについてご紹介したいと思います。

 

ソンクラーンの時期に滞在

 

今回、私と母が滞在したのはソンクラーン(水かけ祭り)の時期でした。
この時期は、国内外から人が集まりますので、いつもよりホテルも若干高いです。
ホテルでは、「ハッピー、ソンクラーン」の挨拶で出迎えられます。

 

ソンクラーンについて

タイ人にとって、旧正月をお祝いするお祭りです。

いつ?

毎年、4月13日~15日までがソンクラーンと決まっています。
元々は、新年のお祝いで、仏像を清めたりしていたそうですが、現代は若者を中心に、お祭り的な意味合いが強いようです。
そして、この時は国中のいたるところで水かけが行われています。

どんなことをするの?

ソンクラーンは見知らぬ通行人同士で、派手に水をかけあいます。水鉄砲でも良し、バケツやホースなどと人によってさまざまです。


タイ人、外国人関係なく、どの人にかけても大丈夫。(僧侶や王族関係者など除く)
ただし、もし、かけられても決して怒ってはいけません。

かけられたくない方は、ソンクラーンの時期は家などでおとなしくしていましょう。

 

大人になるとなかなか水鉄砲で遊ぶなんてできないですよね。
ちょっと非日常的な体験がSNSやWeb上で話題となり、世界中からたくさんの観光客が集まるようになったようです。

よくわからない方はまず動画でイメトレ!

ソンクラーンってなんだろう?と思う方は、過去に宮川大輔が「世界の果てまでイッテQ」で実際にソンクラーンに参加していましたし 、You Tubeにもたくさん動画がありますので、興味がある方は見てくださいね。

 

バンコク 水かけ祭り



2015年に私も参加しました

私は2015年にバンコクを訪れた際に、初めて水かけ祭りに参加をしました。
最初は見知らぬ人同士で、水を掛け合うなんて・・・と思っていましたが、これがとても面白くてハマるんです。だって、大人になって水鉄砲で人を打ちまくるなんて体験なかなかできないことですよね。ストレス発散にもなりますよ!実際やってみないと、この楽しさはわからないと思います。

 

下記はフリー素材からお借りしました。
泡パーティもあります。これがまた楽しい!

ソンクラーン 泡パーティ



私が行った場所 

私が行ったのはシーロム周辺です。
タイ人の友人が、水鉄砲を予め用意してくれていました。
日本から持っていかなくても、現地で手に入ります。
携帯を入れておくような、防水袋なども売っていますので必要なものには困りません。バンコクにもダイソーがありますので、何か必要なものがあったら、何でも揃います。


下記の写真はシーロム駅の上から撮ったものです。
すごい人の数です。

シーロム駅


 

持ち物等

洋服は絶対水をかけられますので、透けても大丈夫な服で行きましょう。
基本、Tシャツに短パンの格好が多かったです。
はりきっている方は、最初から水着の方もいます。
足元はビーサンが望ましいと思います。
私は、お金と携帯は首から下げる防水袋に入れて必要最低限の荷物にしました。

また、出かける前に水鉄砲に水を入れてはおきますが、当然途中でなくなってしまいます。そんな時もご安心を。水鉄砲給水用の水が、10バーツ程度で売っています(笑)

 

タイ ソンクラーン 水鉄砲



私達が行ったのは、サイアム駅周辺から西に向かって歩きました。
バンコクでは、他にもバックパッカーの聖地であるカオサン通りやシーロム通りあたりでも盛り上がっています。
今年は、ちょうどチャットチャックにも行ったのですが、そこでも水鉄砲の攻撃がありました(笑)

バンコク以外でも、近場だとパタヤでも行われていますし、チェンマイ、プーケットなどでも行われているそうですので、この時期にタイに行けば、大体体験することができると思います。

 


ちなみに次の日に、友人家族達とホアヒンへ出かけたのですが、そこでも水かけ祭りが行われていました。人だけじゃなく、車にもかけてきます。

 

まとめ

タイの水かけ祭りソンクラーンについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
元気があれば、年齢関係なく楽しめますよ。
水鉄砲を持ってストレス発散しましょう!
参加費はかからず、誰でも気軽に参加できますので、このためだけにタイ旅行に行くのもオススメです。