スペイン、モロッコへ行ってきました⑬【フェズ~イフレン~アズルー~メルズーガ 1日目プライベートツアー】

みなさん、こんにちは。
スペイン、モロッコ旅行の続きです。
旅行5日目の私達は、2泊3日のプライベート砂漠ツアーに出かけます。

www.akabekoqp.com

 

 

Sponsored Link

フェズからマラケッシュ着砂漠ツアー

1日目

  • モロッコのスイスとよばれるイフレンに立ち寄る。
  • 野生の猿と触れ合えるアズルーを系由しながら、アトラス山脈を通過。
  • 夕方、メルズーガ着。日没に合わせ、らくだツアーを出発。
  • サハラ砂漠のテントに宿泊

8時半頃、リヤドを出発です。ツアーガイドがリヤドまで迎えに来てくれました。
本日の最終目的地まで、約400kmです。

まずはフェズからイフレンへ

フェズから、1時間半ぐらいドライブ後、モロッコのスイスとよばれるイフレンに到着しました。夏は避暑地、冬はスキーが楽しめる場所だそうです。
スイスとよばれるように、モロッコというよりヨーロッパの街並みにきたような場所でした。

イフレン

モロッコにいるのを忘れるような、モロッコの雰囲気とは全く違う街並みです。

そんな街並みを楽しみながら、子犬が3匹うろうろとしていました。
犬好きなので、もうかわいくて、かわいくて、しばらく遊んでいました。

イフレンからアズルーへ

イフレンから車で少し南下したところに、アズルーという場所があります。
野生の猿に触れ合えるという場所です。

こんな普通の道路の向こうにお猿さんはいます。
おじさんが、えさの落花生を使って呼び寄せます。

モロッコ アズルー

少しずつ来ますが、結構びびりというか、こちらを警戒しています。
車も普通に通る場所なので、車が来るとサッと戻ってしまいます。

最初はちょっと怖かったけれど、えさをあげられるようになると楽しかったです。

モロッコ 猿 野生

その後、おじさんひいている馬に乗りながら、猿にえさをあげました。

この猿たちは、家族なのかな?
右の猿は小さかったので、子供のようでした。

モロッコ サル

サル エサ

そして、最後は馬に乗りながら記念撮影。
おじさんに言われるがまま、手をつないで撮影です。

f:id:akabeko_qp:20171206004016j:plain

馬から降りた時におじさんたちにチップをあげようとお財布をガサガサやっていたら、なんと金額を請求してきました!
困った私はドライバーのバカに(名前です。詳しくは⑫に書いてあります)助けを求めてなんとか、大丈夫でした。ちょっとびっくりした出来事でした。

昼食タイム

ドライバーが案内してくれたレストランでの食事です。
このツアーは昼食だけは含まれていません。

私が食べたのは、ケフタタジンというミートボールと卵が入ったタジン鍋です。
味はトマトソースに近い感じです。
なかなか美味しかったです。

ケフタタジン

友人が食べたのは、ターキーの串焼きです。
トマトにサフランライスのようなものが詰めてありました。
ターキーを1串もらいましたが、食べやすくて美味しかったです。

ターキー

飲み物は、コーラ。アラビア語です。
ここは観光客が主に来るようで、となりのドイツ人の団体が頼んでいたのでわかったのですが、モロッコには珍しくビールがおいてありました。

コーラ アラビア語

モロッコ料理には必ずパンがついてきます。

アトラス山脈を越え、メルズーガへ

昼食を終えた私達は、さらに南下しアトラス山脈をドライブしながら、サハラ砂漠のあるメルズーガを目指します。

こんな感じの道を走ってきました。
まさに山の間を走っています。モロッコならではの景色です。
モロッコに来て思うのは、空がとにかく美しい。
まさに、モロッカンブルーとでもいうのでしょうか。
雲1つない上に、青の濃さが違います。

アトラス山脈

途中で停まったところ。
落ちたら確実に終わります。
でも見るだけは絶景です。

そしてひたすら山道をずっと走ります。

ようやく、日没前にメルズーガに到着しました。(下記は翌朝の写真です)
これから念願のサハラ砂漠らくだツアーのスタートです!

砂漠ツアーは写真多めで、長くなりますので本日はここまで!
素晴らしいサハラ砂漠の景色をお楽しみに!!

最新情報をチェックしよう!
Sponsored Link