マリオット 上海

マリオットプラチナチャレンジ2滞在目 コートヤード上海虹橋に宿泊しました

マリオット 上海

2,3,4,5月と怒涛の連続海外へお出かけの私です。
3月には突然マリオットプラチナチャレンジがきっかけで、上海に一人旅をして来ました。一人旅と言っても、ホテル選びの段階でそもそも無計画の為、ほとんどホテル滞在のみでした。
前回は、アメリカニューオーリンズのJWマリオットに宿泊してきました。
上海では、2,3,4滞在目を完了しました。
今回は、その2滞在目をご紹介します。

www.akabekoqp.com

www.akabekoqp.com

www.akabekoqp.com

 

 

Sponsored Link

初めての中国旅行

今回、中国は初めての滞在でした。
今までトランジットでしかなく、ちゃんと訪れるのは初めてでした。
なんとなく今まで敬遠していたというか・・・。
特に行きたいという気持ちになりませんでした。
しかし、今回良い意味で、中国の印象が私の中で変わりました。
・・・と言っても私が行ったのは、中国の中でも一番都会である上海のみですが。

初日の滞在先はコートヤード上海虹橋

上海での1滞在目は、コートヤード上海虹橋です。
場所はコチラです。

ちょっとわかりづらくて、すみません。
地図の左側の赤いポイントがホテルの位置なのですが、すぐ近くに空港があります。
こちらは、上海虹橋空港となります。空港から近くて便利なのですが私が降りたのは、もっと東にある上海浦東空港でした。
マップで実際に確認していただければわかると思いますが、このマップの右端に上海と書いてあるところがあるのですが、そちらがいわゆる上海の中心地です。浦東空港はそこから更に東にあります。
ホテルを予約する際に、値段だけではないですが、値段も考えて予約していたら、土地勘がないせいで、かなり適当に場所を選んでおりましたー。アホです。
しかも、なぜ、このようなマップになったかというと、こちらのホテル、今年オープンしたばかりで、なんとグーグルマップにまだ反映しておりません。
まあ、中国は元々グーグルマップはあてにならないといいますからね。ただ、中国で有名な百度(バイドゥ)のアプリも入れてみましたが、反映されていませんでしたね。

Hotels.comで漢字名がわかったので、上海中建万怡酒店と検索をかけたのですが、全然違う場所が出てきますので、注意してください。
心配になって事前に、マリオットにも問い合わせしましたが、「グーグルマップは信じないように、あくまでマリオットのサイトに出ている地図を参考ください。」と言われました。マリオットのマップ及び、私のサイトの地図が正しいです。

行き方

上海虹橋空港からなら電車でわずか1駅なので、とても近いです。
私は、先程もお伝えしたように、浦東空港からでしたので、虹橋空港行きのバスで向かいました。一見遠いようですが、夜だったのもあり、1時間かからずに着きました。
そこからは、着いたのが23時近くだったので、虹橋空港は閉まっており、中国のUberのようなのが何台か止まっていて交渉制でした。
私は、タイのブリラムやモロッコなどで交渉には、まあまあ慣れている方なので、ぼったくられず、乗ることができました。
ちなみに、虹橋空港からはタクシーで10分程でした。

お部屋をご紹介

さすが、今年オープンしたばかりだけあって、とにかくきれいです。
もちろん一番安いお部屋を予約しましたが、スタジオキングにアップグレードしていただけました。
こちらは、ラウンジはありませんが、なくても十分でした。

コートヤード虹橋

広いテーブルもあり、仕事をするにも十分な広さです。

マリオット アップグレード

シャワーとバスタブは別です。
腰掛けられる場所もあり、レインシャワーも別にありました。

バスルーム トイレ

ウエルカムスイーツが用意されていました。
どれも、とても美味しかったです。

ウェルカムスイーツ

ウェルカムフルーツまでありました。

ウェルカムフルーツ

入り口の右側ベッドの脇には、スーツケースを置ける棚と洋服を収納するドレッサーがあります。

クローゼット

ホテル 金庫

USB用の電源があるので、とても便利です。

USB 電源

このJBLのBluetoothスピーカーがオシャレで、とても良いです。
滞在中、スマホとリンクさせて音楽を聴いていました。

目覚まし時計

朝食について

マリオットゴールド会員は、朝食が無料となります。
新しいホテルだからもありますが、とてもきれいで明るいです。
入り口のスタッフもフレンドリーで、「今度日本に行く。」と言っていました。

朝食

パンの入れ物がかわいくて、オシャレですよね。
なんか中国だとは思えないくらいです。

これは食べられないマカロンだと思います。

マカロン

マフィンやドーナツなどもありました。

ドイツパン

ヨーグルトやフレッシュジュース、フルーツのコーナーです。

ヨーグルト

中国の朝ごはんには必ず麺がありましたね。
このホテルは、欧米人は見かけませんでした。中国人が多い感じでしたが、朝から麺を食べている方がとても多い印象でした。

残念ながら、朝はあまり食べられない私です。
コートヤードなのでマリオット系列の中ではお安い価格帯のホテルだと思いますが、種類が充実していて、とても気に入りました。
これで約8,500円でした。1部屋あたりのお値段なので、税金込みで約8,500円はとてもお安いと思いました。

まとめ

今回、宿泊したコートヤード上海虹橋はいかがでしたでしょうか。
さすが今年できたばかりで、どこもとてもきれいでした。
あともう1つ良かった点は、スタッフの方達がとてもフレンドリーで親切でした。
1番印象に残ったのはチェックアウトの際に、次のホテルの行き方を聞いたのですが、メモに行き方を書いてくれました。また、駅までのタクシーを待っている間、同じ女性のスタッフが私の歯に赤いリップがついてしまっていることをそっと教えてくれて、ポケットティッシュをくれました。そして、タクシーに乗り込む際に、ミネラルウォーターを渡してくれる細やかなサービスに感激しました。
たまたまその女性スタッフが良かったのかもしれませんが、このホテルのイメージが更に良くなり、また是非来たいと思いました。
できたばかりで、頑張っているのかもしれませんが、このような素晴らしいサービスを受けると、リピートしたいと思いますよね。

以上、マリオットプラチナチャレンジの2滞在目でした。

マリオット 上海
最新情報をチェックしよう!
Sponsored Link