まぬけのこあし

まぬけのこあし

旅が大好き、食べることも大好き!2017JGC修行 ときどき空マイラー&陸マイラー

まぬけのこあし


内装がゴージャス!オルセー美術館内の優雅なレストランでランチしてみた

スポンサーリンク

オルセー美術館

こんにちは、あかべこです。

今回はパリ旅行中に行った、オルセー美術館内のレストランについてレポートしたいと思います。

オルセー美術館とは

オルセー美術館は、1900年に中央ターミナル駅オルセー駅として建てられ、その後美術館として使われている美しい建物です。

名物の美しい大時計が、当時の面影を残します。

モネ、ゴッホ、ルノワールといった、印象派巨匠の作品がずらりと並んでいます。

オルセー美術館に行ってみた


アクセス

最寄り駅

RER C線 Musée d’Orsay駅

メトロ12番線 Solférino駅

メトロ12番線 Assemblée Nationale駅

私達は、ちょうど雨が降っていたのもあり、ホテルからUberを使っていきました。

まだUberを登録していなければ、下記から登録をどうぞ!

登録で初回乗車に使えるクーポンがもらえます。

料金、営業時間

入館料

12ユーロ

時間によって、9ユーロに割引になります。

開館時間

火曜日、水曜日、金曜日、土曜日、日曜日
9:30~18:00(17:15から閉館館準備が始まります。)
木曜日
9:30~21:45(21:15から閉館準備が始まります。)
休館日:毎週月曜日

詳しくは下記をご覧ください。(日本語)

http://m.musee-orsay.fr/jp/informations

 

f:id:akabeko_qp:20170926011826j:plain

今回、私は初訪問でしたので、美術館の中を軽く見てお昼も過ぎていたので、上にあるレストランに行くことにしました。

ミュゼ・ドゥ・オルセー・レストラン

基本的にランチがメインの営業ですが、ティータイムと木曜日のみディナーもやっているようです。

高級レストランと違って、服装はスマートカジュアルぐらいでOKなので、観光客でもとても入りやすいお店です。

ローカルのお客さんもたくさんいますが、観光客も多いためスタッフの方も慣れており、細かいマナーなど気にせず気持ちよく英語で接客してくれるので、注文から会計までスムーズにストレスや不安なく過ごすことができます。

f:id:akabeko_qp:20170926020615j:plain

店内の装飾がゴージャス!ロココ調の内装と天井画が素晴らしく、目を奪われます。改めて、パリに来たんだなと感じることができます。

どうですか?レストランとは思えないぐらい優雅でエレガントですよね。

f:id:akabeko_qp:20170926020642j:plain

f:id:akabeko_qp:20170926120628j:plain

グラスワインをオーダーしました。赤ワインが苦手なので、白で^ ^

f:id:akabeko_qp:20170926121920j:plain

本当はローストチキンが食べたかったのですが、既に売り切れ・・・。

ステーキをオーダーしました。添えられてたソースが、玉ねぎのソースでしたが、和風に近く食べやすかったです。

こちらは、21ユーロでした。

メニューについてはコチラから

フランス語の下に、英語で書いてあります。

前菜+メインやメイン+デザートなどの、お得なセットもあります。
本当はデザートも注文したいところですが、残念ながら甘いものが苦手な私は、デザートパラダイスなパリで、全く楽しめてません(笑)

オルセー美術館レストランのステーキ

実は、店内で写真を撮っていたら、スタッフの一人に突然レンズを手で塞がれました。

「えっ?写真ダメなの?」って思っていたら、ただの冗談で、いきなりもう一人のスタッフと写真を撮るようにセッティングしてくれました。
ホスピタリティも素晴らしく、うれしいハプニングでとても良い思い出になりました。

オルセー美術館のレストランで写真

まとめ

オルセー美術館内のレストランはいかがだったでしょうか。

観光客でも気軽に入れて、優雅な気持ちになれる、そんなレストランです。

ランチタイムは結構混むみたいなので、早めに並ぶか、私達のようにランチタイムを少し外した時間の方が、スムーズに入れるかと思います。

料理については、高級店に比べれば劣るかもしれませんが、まずまずだと思います。また、スタッフのサービスは素晴らしいと思います。もし、またパリに来たら、同行者を連れて行きたいなと思うお店でした。

みなさんもオルセー美術館に行くことがあれば、是非、この優雅な雰囲気を味わってみてください!