カクテル

ソファーでゆったりバンコク絶景が楽しめるルーフトップバー マリオット・スクンビット【オクターブ Octave】へ行ってみた

カクテル

バンコクといえば、日本ではなかなか体験できない数多くのルーフトップバーがあるのが有名なのはご存知でしょうか。
私も前から行きたいと思っていて、タイ人の友人にも言ってたのですが、彼女からすると日本人も含めて外国人に人気の有名な、「シロッコ」、「レッドスカイ」などは、ただ高いだけと思っているようで、結局連れていってもらったのは、バイヨークスカイホテルのビュッフェでした(笑)そこも82階なので、ルーフトップバーより高いところにあるんですけどね・・・。ただ、ここのビュッフェはかなり豪華でした!

なお、バイヨークスカイのビュッフェもオススメなので、興味がある方はどうぞ!

www.bangkoknavi.com

www.akabekoqp.com

 

 

Sponsored Link

バンコク・マリオットホテル・スクンビットにあるルーフトップバー

今回私が行ったのは、宿泊していたホテルでもあるマリオットホテルのルーフトップバーです。
こちらは、「シロッコ」などの他のルーフトップバー違い、ドレスコードが厳しくありませんので、ジーンズなどのカジュアルなスタイルでもOKです。

お値段も他のルーフトップバーに比べ、お手頃となっています。
また、オープンの17:00~19:00まではハッピーアワーとして、指定のカクテルが半額になるようです。
人気のバーなので、確実に良い席を取りたい方は早めに行って、ハッピーアワーから楽しむのはいかがでしょうか。

場所

最寄り駅はBTSのトンロー駅から歩いて3分ほどと駅から近いです。

マリオットホテル・スクンビットの 45、48、49階の3段式に分かれているバーとなります。
45階のみ食事も楽しむことができます。

最上階のバーは、バンコクの夜景を360度見渡すことができる素敵な場所です。
真ん中にブルーに光輝くバーカウンターがあるのが特徴です。

ルーフトップバー

出典:Hotel.com

営業時間

17時から翌2時まで

私達は食事も楽しみたかったので45階に

このホテルのラウンジで、お酒と軽食を楽しんでいたのですが、もう少し食事をしたかったので、食事もできる45階にしました。
ホテルの部屋が40階だったので、そこからエレベーターで上がることができました。

ちなみに雨が降ると49階は閉鎖されてしまうので、49階に行きたい方は天気が良い日に行くようにしましょう。

オクターブ ルーフトップバー

この時期はソンクラーンの時期だったので、通常よりも人が多かったと思います。
宿泊しているのだから予約しておけば良かったのですが・・・。

混んでいて夜景が見える場所は一杯でしたが、スタッフの方が窓側のソファー席が空き次第、案内してくださるとのことで、それまで内側の大きなテーブルの席で飲むことにしました。

ドリンクは、数種類あるオリジナルカクテルの1つをそれぞれオーダーしました。
カクテルは一杯、約1,000円前後となります。ビールはもう少しお安いです。
しかし、ワイン、シャンパンは東京より高い場合もあります。

もちろんお酒を飲めない方のために、モクテル(ノンアルコールカクテル)やソフトドリンクもありますので、ご安心を!

なぜか、聞かれて勢いで水を頼んでしまいました。
絶対別料金~、まっ、旅だからいいかということにしておきます(笑)
おつまみのナッツがついてきます。

カクテル バンコク

しばらくして席が空いたので、テラス席に移動しました。
この辺りは高層ビルがないので、夜景もなかなかです。

バンコク 夜景

タイ 夜景

ソファー席に移ってから料理を頼みました。
エビのグリルです。こちらはシーフードがオススメのようです。
ちなみに下記のメニューを見てもわかるように、エビの天ぷらや鶏のからあげなどの日本食もあります。
デザート類もオススメのようですよ。

バンコク オクターブ メニュー

エビのグリル

下は普通のポテトフライではなく、スイートポテトフライです。
甘さがあって、揚げたては美味しかったです。

ポテト さつまいも

おかわりでモヒートを頼みました。
こちらも葉っぱがたっぷり(笑)

モヒート

まとめ

気軽に楽しめるルーフトップバーはいかがでしたでしょうか。
日本では、なかなか体験できないことだと思います。
1年中暑いバンコクだからこそ、外で美しい夜景を見ながらお酒を楽しむことができます。とにかく雰囲気抜群なので、一度行ってみてほしいです。

初めて行くルーフトップバーとして気軽に行くことができるので、かなりオススメな場所です。

カクテル
最新情報をチェックしよう!
Sponsored Link