まぬけのこあし

旅が大好き、食べることも大好き!2017JGC修行 ときどき空マイラー&陸マイラー

まぬけのこあし


タイのトゥクトゥクが2022年までに全EV化で思うこと。

スポンサーリンク

タイのトゥクトゥク乗車方法

みなさん、こんにちは。
タイの名物の1つでもある「トゥクトゥク」って乗ったことありますか?
料金交渉が必要なので、観光客だと少し難しいかもしれません。
外国人だとわかるとふっかけてくる可能性があるので、私も通常はタイ人の友人と一緒の時にだけ乗ります。
風に当たりながら街中を駆け抜けるあの爽快感って言ったら、毎回、「タイに来たー!」と感じさせられます。

バンコクのトゥクトゥク

昨年10月タイ人の友人と

タイの成長は著しい

バンコクは目まぐるしく成長を遂げているので、年々近代化しています。昨年バンコクに行った際に、スクンビットのターミナル21というショッピングセンターのトイレの中に、除菌スプレーが設置されていました。くだらないかもしれませんが、すごくないですか?私はトイレを見てタイの進化を感じます。 

そして、先日Yahoo!ニュースなどにも下記のような記事が出ていました。

www.jiji.com

タイのトゥクトゥクについて

現在タイ全土では、約2万2,000台走っているそうです。その多くが老朽化しており、排気ガスを撒き散らして走っています。

トゥクトゥクの値段交渉の目安

・徒歩10分前後…約30〜40バーツ
・徒歩20分前後…約40〜50バーツ
・徒歩30分前後…約50〜70バーツ

天候や渋滞によっても変わる場合があります。

私は昨年、タイのブリラムというところで初めて自分で、トゥクトゥクの値段交渉をしました。
ブリラムの駅そばのホテルからサーキットまで行くのに、徒歩で1時間40分程の距離を100バーツで交渉成立しましたが、田舎だからできた料金かもしれません。
ちなみに、車のレースが好きな方は知っているかと思いますが、日本のGTレースを観戦するために、ブリラムまで行きました。

とうとうタイでもEV化の波が・・・。

先日フランスでは、ガソリン車、ディーゼル車の販売を禁止する方針を打ち出しました。今はどんどん環境に良いものにして行こうという時代になっていますね。
もちろん、それはとても良いことだと思います。
今回のEV化により、年間2万トンものガソリン消費削減になるそうです。
ただ、正直タイのトゥクトゥクはあの特徴的なエンジン音が良かったんですけどね。
電気自動車になってしまうと、やっぱり静かになってしまうんでしょうね。あと、あの年季の入った感じの車体が、いかにも東南アジアという雰囲気を醸し出していて、また良かったんですけどね。
だから、できれば全車と言わず、少しは残して欲しいなというのが本音です。


まとめ

とりあえず、EV化になる前に絶対もう一度乗りたいです。
2022年だからまだだろう・・・と思っても、基本的にバンコクから優先だと思うのであと2,3年の間かもしれません。
オススメは、バンコクナビにも載っていますが、ワットポーなどの王宮周辺で乗るのが良いと思います。そこからチャイナタウンの方へ行くのもオススメです。
もし、まだ乗ったことがないということであれば、タイに行く機会があれば是非、EV化になる前に乗車を!あの爽快感を体感してみてください!